虫歯 予防歯科 小児歯科なら福富歯科クリニック 相模原市中央区矢部,予防填塞(シーラント)

電話番号
相模原市の歯医者さん[福富歯科クリニック]
メールアドレス
インプラント web
   詳しくはココ
インプラントとは?
歯を失ってお悩みの方へ
矯正歯科 歯列矯正 web
   詳しくはココ
こどもの矯正
成人矯正
歯周病 歯槽膿漏 web
   詳しくはココ
歯周病治療の進め方
歯周組織再生誘導法
エムドゲイン
リグロス
重度歯周病の再生療法症例
定期クリー二ングの大切さ
審美歯科 ホワイトニングweb
 詳しくはココ
 セレック AC
1day オールセラミック
虫歯・予防歯科 詳しくはココ
フッ素の使用法
小児歯科 詳しくはココ
妊婦歯科(マタニティ)
感染対策と診療環境
当院の消毒と滅菌
電解機能水による
連続殺菌治療(エピオス)
口腔外バキューム
当院の施設基準
医院紹介と地図
診療内容
マイクロスコープ
歯科用CT
Er:Yagレーザー治療
CO2レーザー
抗血栓薬服用の方へ
キャンセルポリシー
求人情報
歯科衛生士 募集
歯科医師 募集
相互リンク 相模原市
お問い合わせ
HOME
歯医者さんネット

予防填塞(シーラント)

虫歯の好発部位は、1)歯の溝、2)歯と歯の間、3)歯と歯肉の境目です。
そのうちの1)歯の溝は(写真1)のように複雑でブラッシングでは虫歯の予防不可能な部位です。
特に6歳臼歯は複雑な形態をしています。

予防填塞とは、そういった歯の溝を虫歯になる前に予防的に埋めたり、初期の虫歯の進行を抑制する方法です。

乳歯や生えたての永久歯は多孔性で石灰化が未熟なので、虫歯になりやすいので適正な年齢や時期に行うと虫歯の抑制には効果的です。
またシーラント剤はフッ素の除放作用があります。
(写真1)
この方法による予防法はわが国において1966年に竹内らによって、填塞後9ヶ月間は溝の虫歯は100%であったと報告されています。
1970年になって改良が進み、 113歯に応用して、2年間の観察期間で、わずか1歯のみに溝の虫歯が見られ、抑制率は99%であったと報告されています。
 
(写真2)
(写真2)は毛先が改良されたものですが、それでも最深部には届きそうにありません。
 
(写真3)
(写真3)は実際にシーラントを墳塞したところです。
方法は溝を薬液で処理し、シーラント剤を墳塞し、光をあてるだけです。
通常1歯3分程度で終わります。
ご希望の方はお問い合わせ下さい。
相模原市の歯医者 歯科医院 Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.