歯周病 歯槽膿漏web-[歯周矯正(症例2)]相模原市 歯科

歯周病 歯槽膿漏 ウェブ 福富歯科クリニック
MAIL
歯周病(歯槽膿漏)について
歯周病の原因はプラーク
歯周病の進行過程
歯周病の人は何人?
歯周病は薬では
治らないのか?
歯を失ってお悩みの方へ
治療について
歯周病治療の進め方
スケーリング・
ルートプレーニング
歯周外科手術
なぜ歯周外科手術が必要か?
歯周組織再生誘導法
(GTR法)
エムドゲイン®
リグロス®
歯周外科後
のプラークコントロール
歯周病の定期検査
歯周病患者のインプラント
歯周病の方の矯正治療
歯周矯正(症例1)
歯周矯正(症例2)
危険因子、全身疾患
歯周病と全身疾患
歯周病と喫煙
歯周病と糖尿病
歯周病と妊婦
歯周病と心疾患
歯周病と呼吸器疾患
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

歯周病の方の矯正/症例2

症例2では、
 
(1) すきっぱ(正中離開)
(2) 出っ歯(上顎前突)
(3) 歯の前方への傾き(歯軸の近心傾斜)
  以上の事が、改善され長期的な歯の保存に繋がります

症例2 46歳女性

治療前は奥歯が前に傾いています。いったん倒れはじめると、咬み合わせの力により、だんだん前方に倒れてきてしまいます。奥歯が倒れはじめると前歯は押されて隙間があき、出っ歯になります。
前歯全体を接着剤で固定するのも一つの治療法ですが、根本的な治療には繋がりません。
●症例1へのリンク
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.