矯正歯科、歯列矯正web-[いろいろなマウスピース矯正(見えない矯正)のシステム]相模原市 歯科

矯正歯科 歯列矯正 ウェブ 矯正歯科 歯列矯正web
MAIL
矯正歯科(歯列矯正)
ってなに?
不正咬合(歯列不正)の
代表的な例
凸凹の歯並び、八重歯、
乱ぐい歯(叢生)
出っ歯(上顎前突)
受け口
(反対咬合、下顎前突)
深い噛み合わせ(過蓋咬合)
前歯が噛み合わない(開咬)
手術が必要な顎変形症
外科矯正)
成人の矯正歯科
反対咬合の矯正治療症例
インプラント矯正
エステティックライン
(E-ライン)
頭部X線規格写真
(セファログラム)
こどもの矯正歯科
下顎後退症例
急速拡大法
緩徐拡大法
頭部X線規格写真
(セファログラム)
歯が生えるのっていつ?
乳歯の虫歯を放っておくとA
部分的な矯正歯科治療
歯を失って放っておくと…
被せ物を難しくする理由
歯周病の方の矯正歯科治療
矯正歯科装置の種類
マウスピース矯正
矯正歯科治療の進め方
矯正歯科治療の料金について
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

いろいろなマウスピース矯正(見えない矯正)のシステム

invisalign (インビザライン)

3次元コンピューター画像技術を使用し、治療開始から終了までの過程をシミュレーションすることから始まります。(コンピューター上で歯を並びかえる)
このシミュレーションの結果に基づき、それぞれの過程のマウスピース(アライナー)をCAD/CAMという技術によって作製します。
このマウスピース(アライナー)を交換していくことで、歯が徐々に移動します。(2週間に一度交換)
最終的な位置に移動するまで、これを繰り返します。装着時間は1日20時間以上です。
 
最初に1度、お口の型をとり、治療の最初から最後のステップまで、一度に作製します。 したがって、治療の途中で虫歯の治療なので歯牙の形態が変わると、再度、お口の型をとって、マウスピースを作製しなければなりません。
また、予想外の歯の動きや歯の移動量の変更などのときも同様にお口の型をとって、マウスピースを作製しなければなりません。

Clear Aligner (クリア アライナー)

各ステップごとに、お口の型をとり、マウスピース(クリア アライナー)を作製します。
歯型をハンドメイド(手作業)で並びかえ、コンピューターでその歯の移動を確認しながら、 マウスピース(クリア アライナー)を作製します。
各ステップで2種類のマウスピースを作製します。 0.5mm の厚さを1週間装着し、その後 0.75mm を2週間装着します。 3週間に1回、お口の型をとり、マウスピースを作製します。 装着時間は1日17時間以上です。
各ステップごとにお口の型をとるので、虫歯の治療なので歯牙の形態が変わったり、予想外の歯の動きなどのときに治療計画の変更ができます。

Aqua System (アクアシステム)

各ステップごとに、お口の型をとり、歯型をハンドメイド(手作業)で並べかえ、マウスピース(アクアフレーム)を作製します。 製作された装置マウスピース(アクアフレーム)を2週間ごとに交換して、治療していきます。
4種類のマウスピースがあります。
初回の1〜2週間は、柔らかい素材のもので、軽く歯に力をかけ歯を動かす準備をします。
2回目は、昼間は薄くて硬い、目立たない素材のものを使用し、夜間の自宅では、内側が柔らかく外側が硬い2重構造のマウスピース(アクアフレーム)を2〜4週間、装着します。
3回目は少し厚みのるマウスピース(アクアフレーム)に交換します。このとき、お口の型をとり、マウスピース(アクアフレーム)を作製し直します。
この過程を繰り返し、歯を目的の位置まで動かします。

Essix アプライアンス

ルイジアナ州立大学のジャック・シェリダン教授が開発した歯列矯正方法です。
お口の型をとり、矯正治療前の歯並びにあったマウスピースを作製し、 これを変形させたり細工をしたりして、歯に力をかけて矯正治療する方法です。
マウスピースを作製するとき、歯を並びかえる必要がないのが他の方法と違うところです。
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.