矯正歯科 歯列矯正web[マウスピース矯正 見えない矯正]相模原市 歯科

矯正歯科 歯列矯正 ウェブ 矯正歯科 歯列矯正web
MAIL
矯正歯科(歯列矯正)
ってなに?
不正咬合(歯列不正)の
代表的な例
凸凹の歯並び、八重歯、
乱ぐい歯(叢生)
出っ歯(上顎前突)
受け口
(反対咬合、下顎前突)
深い噛み合わせ(過蓋咬合)
前歯が噛み合わない(開咬)
手術が必要な顎変形症
外科矯正)
成人の矯正歯科
反対咬合の矯正治療症例
インプラント矯正
エステティックライン
(E-ライン)
頭部X線規格写真
(セファログラム)
こどもの矯正歯科
下顎後退症例
急速拡大法
緩徐拡大法
頭部X線規格写真
(セファログラム)
歯が生えるのっていつ?
乳歯の虫歯を放っておくとA
部分的な矯正歯科治療
歯を失って放っておくと…
被せ物を難しくする理由
歯周病の方の矯正歯科治療
矯正歯科装置の種類
マウスピース矯正
矯正歯科治療の進め方
矯正歯科治療の料金について
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

マウスピース矯正 (見えない矯正)

取り外しのできる透明なマウスピースを使用する矯正装置です。 透明なので、目立ちません。
取り外しができるので、食事や歯ブラシの邪魔になりません。
マウスピース矯正(ワイヤーレス矯正)の原理は、治療中の歯の動きに合わせて、マウスピースを取り替えていきます。 マウスピースは1日20時間以上の装着が必要です(1日24時間の装着が理想的)。 装着時間が短いと、治療期間が長くなります。
長所 短所
@ 透明なマウスピースを使用するので目立たない @ 1日20時間以上の装着(装着時間が短いと、治療期間が長くなったり、よい治療結果が得られない)
A 取り外しができるので、食事や歯ブラシするときの邪魔にならない A 適応症がある。比較的簡単な矯正の場合に向いています。

適応症について

マウスピース矯正(見えない矯正)に向いている症例は、軽度のでこぼこ(叢生)や、空隙のある歯並び(すきっぱ)、矯正治療後の後戻りなどです。
重度のでこぼこ、抜歯が必要場合、歯の移動量が大きい場合、顎や奥歯の前後や左右のズレがある場合などは、マウスピース矯正は向いてません。
すべての症例に適応する方法ではなく、マウスピース矯正(ワイヤーレス矯正)のみでフィニッシュできない症例もありますが、その場合、従来の固定式の装置であるブラケット、針金(ワイヤー)をつける期間の短縮をする目的で使われる事もあります。 (部分的に針金を併用したり、全体を針金で治療してから、最後の仕上げの段階でマウスピース使用するなど)
→いろいろなマウスピース矯正(ワイヤーレス矯正)のシステムについて
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.