矯正歯科、歯列矯正web-[矯正歯科ってなに?] 相模原市 歯科

矯正歯科 歯列矯正 ウェブ 矯正歯科 歯列矯正web
MAIL
矯正歯科(歯列矯正)
ってなに?
不正咬合(歯列不正)の
代表的な例
凸凹の歯並び、八重歯、
乱ぐい歯(叢生)
出っ歯(上顎前突)
受け口
(反対咬合、下顎前突)
深い噛み合わせ(過蓋咬合)
前歯が噛み合わない(開咬)
手術が必要な顎変形症
外科矯正)
成人の矯正歯科
反対咬合の矯正治療症例
インプラント矯正
エステティックライン
(E-ライン)
頭部X線規格写真
(セファログラム)
こどもの矯正歯科
下顎後退症例
急速拡大法
緩徐拡大法
頭部X線規格写真
(セファログラム)
歯が生えるのっていつ?
乳歯の虫歯を放っておくとA
部分的な矯正歯科治療
歯を失って放っておくと…
被せ物を難しくする理由
歯周病の方の矯正歯科治療
矯正歯科装置の種類
マウスピース矯正
矯正歯科治療の進め方
矯正歯科治療の料金について
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)
    

矯正歯科(歯列矯正)ってなに?

悪い歯並び、噛み合わせ(不正咬合、歯列不正)を、正しく噛み合うようにして、キレイな歯並びにする歯科治療です。
矯正装置を通じて、歯や顎の骨に力をかけ、歯並びと噛み合わせを治していきます。

不正咬合(歯列不正)の問題点

  • 食べ物がうまく噛めない。
  • 言葉が明瞭でなくなる。
  • 虫歯になりやすい。
  • 歯周病(歯槽膿漏)になりやすい。また、歯周病の進行を早めることがある。歯周矯正
  • 口臭の原因になる。
  • 顎の関節に負担をかける。(顎関節症)
  • 歯を折ったり、けがをしやすい。
  • 被せ物の製作を難しくする。(部分的な矯正治療
  • 子供の不正咬合(歯列不正)は、さらに、重度の不正咬合(歯列不正)の原因となる。
とくに、前歯が顔貌に与える影響は大きく、不正咬合(歯列不正)を意識しすぎて、劣等感から消極的になり、社交性を失ったりすることがあります。
また、子供が、からかわれたり、いじめの対象になることもあります。
現代社会においては、こういった心理的障害もきわめて重要な問題です。
不正咬合(歯列不正)を治すことで、自分の容姿に自信が持て、今までのコンプレックスを解消することも、重要なことのひとつと思います。
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.