矯正歯科、歯列矯正web-[矯正治療の進め方]相模原市 歯科

矯正歯科 歯列矯正 ウェブ 矯正歯科 歯列矯正web
MAIL
矯正歯科(歯列矯正)
ってなに?
不正咬合(歯列不正)の
代表的な例
凸凹の歯並び、八重歯、
乱ぐい歯(叢生)
出っ歯(上顎前突)
受け口
(反対咬合、下顎前突)
深い噛み合わせ(過蓋咬合)
前歯が噛み合わない(開咬)
手術が必要な顎変形症
外科矯正)
成人の矯正歯科
反対咬合の矯正治療症例
インプラント矯正
エステティックライン
(E-ライン)
頭部X線規格写真
(セファログラム)
こどもの矯正歯科
下顎後退症例
急速拡大法
緩徐拡大法
頭部X線規格写真
(セファログラム)
歯が生えるのっていつ?
乳歯の虫歯を放っておくとA
部分的な矯正歯科治療
歯を失って放っておくと…
被せ物を難しくする理由
歯周病の方の矯正歯科治療
矯正歯科装置の種類
マウスピース矯正
矯正歯科治療の進め方
矯正歯科治療の料金について
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

矯正治療の進め方

1)初診・相談

患者さんのお口の中を拝見させていただき、相談をお受けいたします。
矯正治療のおおまかな説明をいたします。時間は約40分です。

2)精密検査

診断に必要なレントゲン(セファログラム、パノラマ等)・口腔内写真・歯型を採得し、個々の患者さんの治療計画を作成します。時間は40分程です。
セファログラム側面   セファログラム正面   パノラマ

3)診断

精密検査の結果から、現在の状態(骨格、歯、左右の対称性、歯周組織等)を説明し、今後の治療方針の説明(治療内容、抜歯部位、治療期間、使用装置)をします。患者さんのご要望も治療方針に影響するので、、何通りかの治療計画を提案させていただき、患者さん自身に治療を選択してもらえるようにします。時間は30分〜60分です。

4)治療開始

診断結果に納得頂けたら、治療スタートです。

1)成長期の患者様

永久歯が生えるためのスペースをつくるために顎を広げたり、成長発育を利用して、顎の成長発育を誘導してあげます。このことにより歯を抜かずに治療できる可能性が高まります。要するに歯が埋まっている土台を改善しておくのです。
2)永久歯完成後の患者様
マルチブラケット装置を付け、個々の歯を移動していきます。月に1回程度のペースで調整していきますが、患者さんにより若干の個人差があります。
マルチブラケット装置

5)保定・観察

歯の移動が終了したら、保定・観察期間が必要になります。これは歯が元に戻ろうとするのを防ぐために行うものです。期間は約2年で3ヶ月〜半年に1回程度、診察します。この間は保定装置を使用してもらいます。
問題がなければ通常の定期検査(メンテナンス)プログラムに移ります。
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.