矯正歯科 歯列矯正web-[急速拡大法]相模原市 歯科

矯正歯科 歯列矯正 ウェブ 矯正歯科 歯列矯正web
MAIL
矯正歯科(歯列矯正)
ってなに?
不正咬合(歯列不正)の
代表的な例
凸凹の歯並び、八重歯、
乱ぐい歯(叢生)
出っ歯(上顎前突)
受け口
(反対咬合、下顎前突)
深い噛み合わせ(過蓋咬合)
前歯が噛み合わない(開咬)
手術が必要な顎変形症
外科矯正)
成人の矯正歯科
反対咬合の矯正治療症例
インプラント矯正
エステティックライン
(E-ライン)
頭部X線規格写真
(セファログラム)
こどもの矯正歯科
下顎後退症例
急速拡大法
緩徐拡大法
頭部X線規格写真
(セファログラム)
歯が生えるのっていつ?
乳歯の虫歯を放っておくとA
部分的な矯正歯科治療
歯を失って放っておくと…
被せ物を難しくする理由
歯周病の方の矯正歯科治療
矯正歯科装置の種類
マウスピース矯正
矯正歯科治療の進め方
矯正歯科治療の料金について
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

こどもの矯正/急速拡大法(Rapid palatal expansion appliance)

この装置では歯の移動のために矯正力としては過大な力なために歯の移動は起こらず、正中口蓋縫合(写真1)が開いて上顎骨そのものが横に拡大されます。
そのため非抜歯治療を可能にしやすくします。
写真1
この装置による作用機序は1961年にHaasらによって正中口蓋縫合が開くだけでなく、開いた所に骨添加が起こることが報告されている方法です。他の効果として骨性の気道拡大も報告されています。また、Hartgerink(1986)の研究ではこの方法を行った患者さんの3分の2で鼻閉の軽減が起こった報告しています(写真2)
写真2
他の文献では個々の患者の年齢が重要な要因だとされており、成人では外科処置併用による拡大がしばしば必要になると報告されています。Murray(1971)、Ten Cate(1977)
 
適応年齢は15〜18歳までと言われてきましたが臨床的には25歳くらいまで開いていることを確認しています。ただし、拡大量は年齢にともない減少していきます。(外科処置併用は別のページで述べます。)
 
使用方法: 1日2回ネジを回して、0.2〜0.25mm拡大していきます。
子どものうちに使用すれば痛みもありません。

12歳4ヶ月の女性、上顎の歯列
イメージ
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.