矯正歯科 歯列矯正web-[矯正装置の種類]相模原市 歯科

矯正歯科 歯列矯正 ウェブ 矯正歯科 歯列矯正web
MAIL
矯正歯科(歯列矯正)
ってなに?
不正咬合(歯列不正)の
代表的な例
凸凹の歯並び、八重歯、
乱ぐい歯(叢生)
出っ歯(上顎前突)
受け口
(反対咬合、下顎前突)
深い噛み合わせ(過蓋咬合)
前歯が噛み合わない(開咬)
手術が必要な顎変形症
外科矯正)
成人の矯正歯科
反対咬合の矯正治療症例
インプラント矯正
エステティックライン
(E-ライン)
頭部X線規格写真
(セファログラム)
こどもの矯正歯科
下顎後退症例
急速拡大法
緩徐拡大法
頭部X線規格写真
(セファログラム)
歯が生えるのっていつ?
乳歯の虫歯を放っておくとA
部分的な矯正歯科治療
歯を失って放っておくと…
被せ物を難しくする理由
歯周病の方の矯正歯科治療
矯正歯科装置の種類
マウスピース矯正
矯正歯科治療の進め方
矯正歯科治療の料金について
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

矯正装置の種類

患者さん自身が取り外しできる装置(可撤式)や、 患者さんが自由に取り外しできない装置(固定式)があります。
可撤式と固定式の利点・欠点
可撤式 清掃性が高い。
装置を装着して初めて効果が発揮するため患者さんの協力が必要になる。
固定式 術者によってのみ取り外しが可能となるため効果が確実に期待できる。
清掃が難しく不潔になりやすい。
また、作用する力の種類によって分類され、ワイヤーやゴムやネジなどの器械力によって矯正する装置(器械的装置)や、口腔周囲筋や舌の機能力を利用する装置(機能的装置)があります。

器械的矯正装置

ワイヤーやゴム、ネジなどの器械力による矯正装置です。

機能的矯正装置

口腔周囲筋や舌の機能力を利用する矯正装置です。

保定装置

歯や顎骨を移動させた後、その位置に固定し、後戻りしないようにする矯正装置です。

床矯正装置

樹脂で出来た板状の粘膜と接する部分を床(しょう)といい、これにバネやネジを埋め込んで、 歯や顎を動かす装置のことを床矯正装置と言います。
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.