矯正歯科、歯列矯正web-[インプラント矯正]相模原市 歯科

矯正歯科 歯列矯正 ウェブ 矯正歯科 歯列矯正web
MAIL
矯正歯科(歯列矯正)
ってなに?
不正咬合(歯列不正)の
代表的な例
凸凹の歯並び、八重歯、
乱ぐい歯(叢生)
出っ歯(上顎前突)
受け口
(反対咬合、下顎前突)
深い噛み合わせ(過蓋咬合)
前歯が噛み合わない(開咬)
手術が必要な顎変形症
外科矯正)
成人の矯正歯科
反対咬合の矯正治療症例
インプラント矯正
エステティックライン
(E-ライン)
頭部X線規格写真
(セファログラム)
こどもの矯正歯科
下顎後退症例
急速拡大法
緩徐拡大法
頭部X線規格写真
(セファログラム)
歯が生えるのっていつ?
乳歯の虫歯を放っておくとA
部分的な矯正歯科治療
歯を失って放っておくと…
被せ物を難しくする理由
歯周病の方の矯正歯科治療
矯正歯科装置の種類
マウスピース矯正
矯正歯科治療の進め方
矯正歯科治療の料金について
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

インプラント矯正

インプラント矯正とは、チタン製のスクリューやプレートを歯の周囲の骨に設置し、これを固定源に歯を動かす方法です。
従来の方法では考えられないような、歯のコントロールが可能になった新しい方法です。

プレートとスクリュー

(写真1)プレートとスクリュー
(写真1)は、実際に当診療所で使用しているものです。
スクリューの直径は1.5mmで長さは9mm〜11mmのものを使用しています。
スクリューとプレートは状況によって使い分けます。
(写真1)を見ると大きく見えて、みなさま少しびっくりされますが、現物を見ていただくと、思ったより小さく安心されると思います。

インプラント矯正の口腔内

(写真2) 歯の十分な後方移動が可能です
(写真2)は、実際にインプラント矯正を行っているところです。
プレートやスクリューを固定源に歯を移動できるので、歯の十分な後方移動が可能になり、歯を抜かない治療が増加し、治療期間の短縮にもつながるのです。

抜歯スペースの利用

(図1)抜歯スペースの利用
通常、歯を抜いて治療を行った場合、奥歯を固定源に前歯を引っ込めるわけですが、抜歯したスペースに奥歯も倒れてきてしまいます。
この方法を使用することにより、奥歯を前に倒れてくるのを防げるので、十分に出っ歯を引っ込めることが可能になるのです。(図1)

従来の治療法との比較

(写真3)ヘッドギアー
歯を後方移動、あるいは、奥歯が前に倒れてくるのを止める方法は従来の方法では、頭に被り物をしてもらうヘッドギアー(写真3)等があります。

スクリューとプレートの設置

スクリューとプレートの設置は局部麻酔を使用するので痛みはありません。
スクリューの場合、設置時間は局部麻酔を行ってる時間を除けば1本5分程度です。
術後、麻酔が切れても痛みはほとんどありません。歯を抜いたりするより、はるかにらくです。
プレートの場合、1本20分から30分程度です。スクリューに比較し外科的侵襲が大きめになりますので、第1選択はスクリューになります。
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.